北海道大学大学院医学研究院 専門医学系部門 機能再生医学分野 整形外科学教室
当教室について

当教室について

インフォメーション

 < back... 5 6 7 8 9 10 11 12 13... next >
2016/06/21角家健先生の脊髄再生に関する論文がNature Medicineに掲載されました

角家健先生の脊髄再生に関する論文、”Spinal cord reconstitution with homologous neural grafts enables robust corticospinal regeneration”が

Nature Medicine 5月号に掲載され、表紙にも選ばれました。また、その内容が日本経済新聞、北海道新聞に取り上げられました。

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/27019328

 

 

 

2016/06/21当講座が頚椎外科分野で、 世界でもっとも影響力のある施設と報告されました。

Review論文、“The 100 Most Influential Articles in Cervical Spine Surgery”にて、当講座が頚椎外科分野で、

世界でもっとも影響力のある施設と報告されました。また、鐙邦芳先生(北海道大学名誉教授、札幌整形外科-脊椎脊髄センター・センター長)が

世界でもっとも影響力のある著者として紹介されました。

この報告は戦後60年間の論文引用回数にもとづいて書かれました。

 http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26835204

 

 

2016/06/21上徳善太先生が最優秀発表賞を受賞されました。

平成28年6月4日、5日に函館で開催された、第131回北海道整形災害外科学会において、

上徳善太先生が最優秀発表賞を受賞されました。演題名は、“骨軟骨修復に関連するケモカインの網羅的解析”です。

 

 

 

2016/05/18複合糖質機能化学グループが加わりました。

複合糖質機能化学グループが加わりました。

細胞の顔といわれる糖鎖を包括的にみることが重要であるとの考えから、個別のクラスの糖鎖ではなく、生体に存在する全ての複合糖質を対象とした総合的なグライコミクスに立脚した研究を進めているグループです。

 

 

詳細はこちらのリンクよりご覧ください。

※当ホームページのサイドにもバナーボタンを設置しております。

 

 

 < back... 5 6 7 8 9 10 11 12 13... next >