北海道大学大学院医学研究院 専門医学系部門 機能再生医学分野 整形外科学教室
研究紹介

診療案内

臨床研究部門

研究紹介へ

 

上肢班

上肢関節外科(肩、肘、手関節障害に対する鏡視下手術および人工関節置換術、各関節の不安定に対する靭帯再建、関節形成術)と手外科(末梢神経障害、外傷による腱、血管損傷)を2本柱にしています。

 

さらに、上肢機能再建、先天性疾患、マイクロサージャリー技術を要する皮弁形成、野球などのスポーツによる肩肘障害(肘離断性骨軟骨炎、肘内側側副靭帯損傷、肩不安定症、投球障害肩)、上肢リウマチ性疾患(人工関節、関節形成術、腱損傷など)に力を入れています。治療と同時にフィールドワークとして少年野球肘検診も積極的に行っており、スポーツによる障害予防の取り組みも行っています。

 

近年では慢性疾患のみでなく、上肢外傷も積極的に受け入れています。上肢疾患は術後のリハビリが非常に重要であるため、作業療法士とのカンファレンスを定期的に行い、意見交換を行っております。

 

研究分野においては我々が独自に開発したソフトウエァを用いて再現性の高い方法での関節内応力分布解析に力を入れています。また北大病院超音波センターとの連携による軟部組織評価および微小血行動態解明を行っています。臨床研究では北大で開発した人工手関節置換術、鏡視下三角線維軟骨修復術などのオリジナル手術を世界に発信しています。

 

写真資料1

写真左から:TFCC損傷、キーンベック病、リウマチ手、小児先天性疾患

 

写真資料2

写真左から:人工肘関節置換術、人工肩関節置換術、リバースショルダー

 

スポーツ医学(投球障害)
写真資料3

写真左から:肘内側側副靭帯再建術、野球肘(離断性骨軟骨炎)手術、基礎研究

 

下肢班

変形性膝関節症や関節リウマチに対する人工膝関節全置換術、単顆型人工膝関節置換術や再置換術、若年者に対する各種の骨切り術を、ナビゲーションや3次元の術前手術計画を用いて安全で精度の高い手術を行っています。

 

術中に得られたナビゲーションデータの解析から、正常膝の動態に近いmedialpivotpatternを示す症例で、良好な自・他覚的評価が得られことがわかり、個々の症例に応じた機種選択や手術手技の改良により、さらなる臨床成績の向上を目指します。離断性骨軟骨炎や特発性骨壊死に対し骨軟骨柱移植術を中心とした関節温存術を積極的に行い、今年度からは自家培養軟骨細胞移植ジャック?も実施可能な施設基準を取得しました。

 

先天性内反足を中心とした小児疾患に対しては、保存治療で良好な治療成績をおさめております。リウマチ性の足部疾患や外反母趾、変性性足関節症に対する低侵襲な鏡視下固定術、感染や偽関節といった難治症例にも力を入れております。また、スポーツ医学分野との連携により、前十字靭帯損傷や半月板損傷をはじめとする膝関節のスポーツ外傷にも対応します。オスグッド病を代表とする成長期の疾患の早期発見につながる疫学調査を日本サッカー協会や北海道サッカー協会と協力し行っています。

 

主な臨床研究

・Navigation術中における膝関節動態の解析

・TKA術中における膝蓋大腿関節接触圧の解析

・再利用可能なPatientCharacteristicInstrumentationの開発

・大腿骨顆部特発性骨壊死に対する骨軟骨柱移植術

・TKA術中tourniquet使用による影響-展開時tourniquet非使用により、合併症は防げるか

・超音波装置を用いたオスグッド病発症予測

・リウマチ性前足部変形におけるエコー検査を用いた関節軟骨評価の試み

・リウマチ性前足部変形における、関節損傷と変形形態との比較検討

・RAfootのII-Vresectionarthroplasty患者の再脱臼の因子解析

・外反母趾における第1TMT関節abductioninstabilityの検討

 

股関節班

北大整形外科股関節班は長い歴史で培われた先人の知恵と経験、またその臨床成績に裏付けられた治療方針をもとに日々の診療に当たっています。

 

股関節疾患はよく「ゆりかごから墓場まで」と言われるように、乳幼児の発育性股関節形成不全(先天性股関節脱臼)から、小児のペルテス病・大腿骨頭すべり症、若年者の亜脱性股関節症・特発性大腿骨頭壊死症、高齢者の変形性股関節症まで非常に幅広い年齢層が治療の対象となります。

 

【発育性股関節形成不全(DDH)】

近年、少子化に伴いDDH症例は減少傾向と言われていますが、当科では週1回月曜午後にDDH外来(エコー外来)を開いてから、多くの整復不能・困難症例が紹介されるようになりました。従来から行われてきたoverheadtraction法に工夫をして、可能な限り非観血的かつ愛護的な整復を目指しております。

 

【偏心性寛骨臼回転骨切り術(ERAO)】  

若年者の臼蓋形成不全・亜脱性股関節症に対する関節温存手術として、当科では2007年から骨移植を行わずにより正常な股関節形状を獲得するERAOを行っています。また、長期成績のさらなる向上を目指して、荷重分布応力解析をもとに3次元術前シミュレーターの開発も行っています。

 

【人工股関節置換術(THA)】

股関節班の手術のうち最も多いのは高齢者に対するTHAです。THAは除痛効果も高く、安定した成績が得られる非常にいい手術ですが、患者さんの多くは手術後の脱臼を心配されます。近年は工学的技術の向上などにより脱臼率は低下しておりますが、やはりゼロとはいい切れません。そこで当股関節班では、患者さんに脱臼の心配をせずに日常生活を送っていただけるように、適応症例に対してMIS前側方アプローチによる筋腱温存手術を行っております。この手術法によって術後脱臼のリスクが著しく低下するのはもちろんですが、筋肉をほとんど切らないため筋力回復が早く、早期の社会復帰が可能であるというメリットもあります。 一方でTHA市場の約80%は欧米メーカーに占有されています。しかしながら、日本人と欧米人の骨格・骨形状は著しく異なるうえに生活文化も異なります。そこで我々は日本人の骨格解析データを基に新しい人工股関節の開発を行っております。

 

写真資料4

 

脊柱班 Spine Group

北大整形外科脊椎脊髄診療班(脊柱班)は、脊柱再建手術の分野で世界をリードする施設として知られ、国内外で活躍する多くの医師を輩出してきました。関節リウマチや外傷、変性による頚椎変形に対する頚椎椎弓根システムを用いた頭蓋頚椎再建術や、胸腰椎破裂骨折、骨粗鬆症性椎体圧潰、脊柱変形に対する胸腰椎前方脊柱再建手術は、当診療班の世界的業績として評価されています。先人たちの技術や知識を継承し、それをさらに発展させる目的で、毎年、夏に開催される北大脊椎脊髄外科セミナーには150人を超える国内外の脊椎外科医が集います。脊椎脊髄外科医を育成するSubspecialty研修プログラムにも力を入れており、全国でも有数の症例数を誇る関連病院をローテートすることで幅広い経験と指導が受けられる体制を構築しています。

 

研究テーマ
1.難易度の高い頭蓋頚椎再建手術における確実性、安全性向上のための技術開発

頭蓋頚椎再建手術は、難易度が高い手術であり、治療可能な施設は国内でも限定されています。わたくしたちは、術中CTやナビゲーションシステムを用いたインプラント設置技術の開発や解剖学的研究によって手術のリスクを軽減し、安全かつ確実な手術技術の確立を目指した研究を行っています。

写真資料5

関節リウマチに伴う頸椎病変に対する変形矯正手術。
鐙の開発した椎弓根スクリューは骨脆弱性の著しい患者においても比較的強固な固定を得ることができ、変形矯正を可能とした。

2.脊柱変形矯正手術に対する新しい手術法の開発

脊柱変形矯正手術は、整形外科の中でも最も難易度の高い手術のひとつとして位置づけられております。当施設は、脊柱変形疾患における代表的疾患である、思春期特発性側弯症について世界的に有名な治療施設のひとつに挙げられており、その優れた臨床成績について、世界的に評価の高い英文雑誌に論文を数多く発表してきました(Kaneda et al. Spine, 1996, 1997. Ito et al. J Neurosurg Spine, 2010. Sudo et al. J Bone Joint Surg Am, 2013. Spine, 2013, 2014)。現在は従来の治療法で問題となっている「内固定金属の折損・変形、ひいては矯正損失」を解決するべく、産学連携、医工連携の多面的アプローチにより、矯正損失の極めて少ない新たな治療法の確立に取り組んでいます。

3次元的脊柱変形矯正

 

3.脊柱靱帯骨化症に対する術式の最適化

とくに難易度の高い胸椎後縦靱帯骨化症による脊髄障害に対して、当科では世界で有数の治療経験を有しています。安全性を担保しつつ、治療成績を向上させることを目的に、術式選択の最適化に関する研究を行っています。

4.脊椎感染症に対する新しい治療戦略の確立

低侵襲な脊椎内視鏡手術を脊椎感染に応用することで、全身状態が不良な患者に対する治療成績を大きく向上させることに成功しています。また、核医学講座や感染制御部と連携し、PET-CTによる活動性感染巣の同定や抗生物質治療の最適化といった成果をあげています。

 

写真資料6

5.骨粗鬆症における骨質評価ならびに治療薬選択に関する研究

著しい骨脆弱性を有するステロイド性骨粗鬆症患者に対する脊椎再建手術の治療成績や術式の改良に関する研究を行っています。画像解析や物理化学、材料工学、動物モデルなどの研究手法を用いて、ステロイドによる骨質異常と骨の力学的特性の変化に関する研究を行っています。また、移植骨治癒と各種骨代謝改善薬の影響に関する研究についても多数の研究実績があり、基礎的な理解に基づいた補助療法に関する研究も行っています。

写真資料7

6.椎間板加齢変化の分子生物学的メカニズムの解明とその制御に関する研究

腰痛から脊柱変形疾患に大きく寄与する椎間板の変性のメカニズムに関して、アポトーシスや細胞周期関連遺伝子に注目して研究を行っています。科研費を始めとする多くの競争的資金を獲得しながら研究を進めており、将来的にはこれら遺伝子をターゲットにした椎間板障害治療薬の創製を行うことで、例えば腰痛などの脊椎変性疾患に対し、注射1本で極めて低侵襲に治療を行うことが期待されます。

 

腫瘍班

腫瘍班は四肢や体幹にできる「できもの」すなわち骨、および脂肪、筋肉、神経、血管などに発生する腫瘍(骨軟部腫瘍)を専門としています。骨軟部腫瘍は発生頻度が稀で、他科で扱うがんと比べて非常に少ない腫瘍です。しかし、実際に報告されている以上に日常診療では多く存在し、発症年齢も多岐にわたります。また、肺がんや乳がん、前立腺がんなどの骨への転移(転移性骨腫瘍)に苦しむ方も、近年増加傾向にあります。

 

腫瘍の診断にあたっては、CTやMRIなどで腫瘍の局在部位や性状を確認します。また、当院ではPETなどの最新鋭の検査も可能です。これらの画像検査で特定できない場合は生検術を行って診断が決定され、その腫瘍に応じた治療法(手術や化学療法、放射線療法など)が選択されます。

 

整形外科腫瘍班は、このようなまれな腫瘍の専門施設として、診断・治療を行っています。また、北海道がんセンター腫瘍整形外科とともに定期的にカンファランスを実施しており、診断や治療技術の向上に切磋琢磨しております。骨軟部腫瘍や転移性腫瘍で患っている方は、是非当科外来におこしください。

 

スポーツ診療班

膝前十字靭帯損傷や複合靭帯損傷、関節軟骨損傷、野球障害(肘離断性骨軟骨炎、肘内側側副靭帯損傷、投球肩障害)などを中心に、上肢・下肢といった領域を問わず、スポーツにまつわる障害、外傷の診療にあたっています。

 

高い競技レベルを追い求める方から、日々のウォーキング、ジョギングを行う方まで、レベル・年齢を問わずスポーツに対する関心が高まるにつれて、スポーツ医学診療についても高いレベルを求める患者さんが増えています。H.25年6月には「北海道大学病院スポーツ診療医学センター」が開設され、さらに充実した診療体制を築き、各人が求める様々な活動レベルへの早期復帰に向けて、最先端の医学的知識に基づく診療を行っています。

 

 

整形外科医をめざす皆様へ 研修について 説明会・セミナー 大学院進学希望のみなさんへ やる気のある人材募集! 北海道医師養成確保修学資金制度を利用している方へ お問い合わせフォーム