北海道大学大学院医学研究院 専門医学系部門 機能再生医学分野 整形外科学教室
学生・研修医の方へ

北大整形外科研修プログラム

北大整形外科研修プログラム

北海道大学整形外科の研修システム

医師(卒後)3年目以降の後期臨床研修プログラムは、整形外科専門医取得が目標となります。医師3年目から6年目までの4年間で、北海道大学病院と研修病院で交互に研修を行い、整形外科専門医を目指します。医師5年目以降で大学院に進学し3~4年で修了した後専門医の取得を目指すことも可能です。大学院では充実した指導体制により、先進的な研究を行うことができます。多くの大学院生が国際学会での発表や一流国際雑誌への英語論文掲載を行っています。 女性医師のために結婚や妊娠・出産による休職や留学の際のプログラムも随時用意しております。

 

医師7年目以降のサブスペシャリティー領域専門医研修プログラムは、高度専門性の修得が目標となります。4年間に北海道大学病院と各領域の専門医が常勤し専門性が高く症例数も多い札幌市内関連病院あるいは地域基幹病院をローテーションし研修を行い、サブスペシャリティー領域の高度診断・治療技術の修得、専門医取得を目指します。この期間はとにかく多くの手術を実際に経験し、必要とされる高度診断・治療技術を徹底的に修得していただきます。大学院に進学した場合も同様に、学位の取得後は札幌市内関連病院あるいは指導医が常勤している地域基幹病院で研修するプログラムや留学するプログラムもあり高度専門性の修得を目指します。なお他の医療機関で整形外科専門医を取得し、さらに手外科や脊椎脊髄病専門医をはじめとするサブスペシャリティーの修得を目指す方は、このサブスペシャリティー領域専門医研修プログラムからの参加も可能です。

 

後期臨床研修プログラム:整形外科専門医取得が目標
整形外科専門医制度専攻医研修プログラム(研修期間:4年間)

研修システム図

 

後期臨床研修プログラム病院一覧

*現時点の研修病院であり、随時追加等を予定しています。

 

サブスペシャリティ研修プログラム:高度専門性の修得
サブスペシャリティ領域専門医研修プログラム(原則4年)

臨床研修コース図

 

*札幌市内関連病院あるいは指導医が常勤している地域基幹病院での研修

**臨床経験を短時間で積める症状数の多い基幹病院

 

日本手の外科学会手外科専門医、日本脊椎脊髄病学会外科指導医、日本リウマチ学会専門医 など

 

サブスペシャリティー研修プログラム病院一覧

*現時点の研修病院であり、随時追加等を予定しています。

 

後期臨床研修プログラム:整形外科専門医取得が目標
整形外科専門医制度専攻医研修プログラム(研修期間:4年間)

研修システム図

 

サブスペシャリティ研修プログラム:高度専門性の修得
サブスペシャリティ領域専門医研修プログラム(原則4年)

臨床研修コース図

 

*札幌市内関連病院あるいは指導医が常勤している地域基幹病院での研修

**臨床経験を短時間で積める症状数の多い基幹病院

 

日本手の外科学会手外科専門医、日本脊椎脊髄病学会外科指導医、日本リウマチ学会専門医 など

 

北大整形外科研修プログラムの特徴

札幌市内を含めた道内の整形外科基幹病院の大多数は、北海道大学整形外科の関連研修病院です。北海道大学整形外科では、大学病院とこれらの関連研修病院をローテーションしつつ整形外科専門医所得のみならず、高い臨床能力と高度専門性の獲得、リサーチマインドに富んだ研究能力を育成するための研修プログラムを整えています。その研修プログラムの特徴として北海道大学整形外科チューター制度と北海道大学整形外科アカデミックポイント制度があげられます。これにより、整形外科専門医取得に必要な学会および論文発表を期間内に確実に行うことができます。

 

北海道大学整形外科チューター制度

北海道大学整形外科では後期臨床研修開始時にそれぞれにチューターが決定されます。チューターには豊富な臨床経験と基礎的・臨床的研究実績を有する北海道大学整形外科教官があたり、関連病院での研修期間も含め後期臨床研修期間中、一貫して指導・サポートにあたります。臨床面での指導・助言だけではなく、後期臨床研修の早い段階から研究テーマの立案を共に行い、学会発表から論文作成までをチューターがサポートすることによりリサーチマインドを育みます。整形外科専門医所得、臨床能力獲得のみならず大学院進学等の研究者への道筋も開かれるよう配慮されています。本制度により、北海道大学整形外科および関連研修病院に初めて足を踏み入れる研修医の皆様も、戸惑うことなくスムーズな研修を送ることが出来ます。

 

北海道大学整形外科アカデミックポイント制度

北海道大学整形外科では高度専門性の獲得にも力を入れています。北海道大学整形外科が主催する研究会をはじめサブスペシャリティー領域ごとの研究会に定期的に参加いただくことにより後期臨床研修期間中より上肢、脊柱、下肢、股関節、腫瘍、外傷の各領域の専門的知識の習得を促すとともに、後期臨床研修終了後のサブスペシャリティーの選択と高度専門性獲得へのヴィジョンを明確化することが可能になります。

 

北海道大学整形外科アカデミックポイント制度指定研究会

(年2回以上参加、3年間で全領域から1回以上参加)

上肢:北海道肩研究会、北海道手外科ハンドセラピィー研究会、北大上肢若手の会

脊柱:北海道脊椎脊髄疾患研究会、北大脊椎脊髄外科セミナー

下肢:北海道膝関節研究会、北海道下肢と足部疾患研究会

股関節:北海道股関節研究会、北海道若手股関節医を育てる会

腫瘍:北海道骨軟部腫瘍研究会

外傷:北海道整形外科外傷研究会

 

北海道大学整形外科後期臨床研修到達目標

北海道大学病院ならびに関連病院にて整形外科専門医所得に必要な症例の経験、臨床研究と論文作成を行っていきます。主に北海道大学病院では解剖学、病態・生理学、基本的診察法・画像診断法、全身管理法の理解と習得とともに臨床研究と学会発表・論文発表を行っていきます。関連病院では骨折、脱臼、神経・血管・腱損傷等の外傷に対する初期対応と基本的手術手技の習得、変形性関節症等の変性疾患の病態と治療法の理解を通じて整形外科専門医所得に必要な症例の経験を積んでいきます。

 

大学
  1. 運動器疾患の理解に必要な運動器の解剖学および病態・生理学の基本的理解
  2. 四肢・関節・脊椎疾患の基本的診察法の習得
  3. 骨・関節・脊椎疾患の基本的画像診断能力の習得
  4. 重症患者、術後患者の全身管理の基本的理解と習得
  5. 整形外科的感染症の処置と抗菌薬の適正な使用法の習得
  6. 麻痺性疾患の高位診断と手術の適否の基本的理解
  7. 骨軟部腫瘍の良・悪性の基本的鑑別診断能力の習得
  8. 関節リウマチをはじめとする各関節炎の病態と薬物療法についての基本的理解
  9. 臨床的疑問点を見出し、臨床研究を立案・実施する基礎的能力の習得
  10. 臨床研究結果を科学的に考察し、論理的にプレゼンテーションする能力の習得

 

関連病院
  1. 局所麻酔、腰椎麻酔、伝達麻酔の基礎的手技の理解と習得
  2. 関節注射・ブロック、皮膚縫合、結紮等の基礎的臨床手技の習得
  3. 骨折・関節脱臼の発生機序の理解と整復方法・固定方法の習得
  4. 四肢・体幹部の比較的単純な骨折に対する手術療法を含む治療法の習得
  5. 手および上肢の外傷(骨折、脱臼、神経・血管・腱損傷)に対する適切な初期治療法の立案と基本的手術手技の習得
  6. 肩関節不安定症、腱板断裂等の病態と治療法の理解⇒ 上肢関節における慢性疾患(関節症、不安定症、軟骨損傷など)の病態把握と適切な治療法選択
  7. 脊椎症・脊椎炎・椎間板ヘルニア、靱帯骨化症など脊椎疾患の診断と治療法の理解
  8. 膝半月板損傷、各靭帯損傷、膝蓋骨脱臼、足関節・足部外傷などの発生機序と治療法の理解ならびに基本的手術手技の習得⇒ 膝半月板・軟骨・靭帯損傷、変形性膝関節症、足関節・足部外傷などの発生機序と治療法の理解ならびに基本的手術手技の習得
  9. 変形性股関節症、大腿骨近位部骨折など股関節部疾患の病因と病態についての理解と基本的手術手技の習得
  10. 小児整形領域における各種疾患の病態と治療法の基本的理解

北海道大学病院卒後臨床研修プログラムの利用について

北海道大学病院では、平成13年度から北海道大学方式卒後臨床研修プログラムを開始しています。北海道大学病院のすべての診療科が参加しており、大学病院とその関連病院における2年間の臨床研修の間に、内科、外科、麻酔・救急の必須診療科をローテーションします。

整形外科入局希望者には、北大卒後臨床研修プログラムのうち、「Cコース(1年目一般病院、2年目大学病院)」または「Gコース(2年間の外科系集中コース」を推奨しています。一般病院による1年目初期研修ののち、大学病院での2年目初期研修のうち、多くの期間を整形外科で学んでいただくことにより、整形外科医としての道を早くスタートすることが出来ます。

詳細については北海道大学病院ホームページから、卒後臨床研修センターへのリンクがありますので、そちらをご参照ください。

 

連絡先

整形外科 門間 太輔

電話:011-706-5936(内線5936)

E-mail:hokudaiorthop@med.hokudai.ac.jp